色を通して本当の自分へとつなげてくれる、多次元的なセラピーで・・・

IMG_20160205_124405Bridge of Truth〜内なる分裂の統合セッションのモニターを受けてくれた方から、ご感想をいただきました。

書かれてあるご感想を読むとわかるように、このセッションは、リーディングのもう少し先にある《変化》を起こすため働きかけます。

ですから、効果は、セッションを受けた後しばらく続きます。

ぜひ、経過観察とともに、セッションの効果を味わってみてくださいね。

モニターセッションは、まだまだお受けしていますよ。

Sphique事務局

感情についての10個の質問に答えながら、身体と心の感覚をつなげていきます。

感情についての10個の質問に答えながら、身体と心の感覚をつなげていきます。

————————————
F様(東京都 30代 女性 セラピスト)

やっと、ココロの色とカラダの色がそろってきた。

Sphiqueの「Bridge of Truth〜内なる分裂の統合セッション」を受けてから、
変容を促す体験が続いて、感想を書こうと思っても、
今この瞬間の自分が捉えられなくて、なかなか言葉がまとまらなかった。

今、2週間経ってやっと落ち着いてきたところ。
でも、あれ!?2週間しか経っていないんだ?って思うくらい、
この2週間でSphiqueのセッションをなぞるような
“ばらばらにしてつなげなおす”そんな出来事がたくさん起きた。

*****

私が自分で選んだ色が、私を通じて語る。
色が語りだすと、濁った色や暗い色が、
色はそのままに鮮やかで心地よい色へと変化する。
それがセラピストとの対話の中で自然と起こっていく。

もちろん、色そのものが変化したわけではなく、
私の目にかかっていたフィルターが外れただけ。
そう言ってしまえば、簡単なことなのだけれど、
長い年月をかけて巧妙に作り込まれたそのフィルターは、
かかっていることも忘れ去られ、いつの間にか私たちは
そのフィルターを通して見えるものが真実だと勘違いをし続けている。
この勘違いが、どれほどに私たちを苦しめ、生き辛くさせているのか、
つくづくそのことを痛感した。

内側の声をカードを通して、発見し、理解していきます。

内側の声をカードを通して、発見し、理解していきます。

Sphiqueのセッションでは、そんな思い込みをするすると外し、
色を通して本当の自分へとつなげてくれる、
単にカラーセラピー+αという範疇にとどまらない多次元的なセラピーで、
この深い優しい味わいは体験しなければわからない。
言葉で伝えるのが難しく、伝えられないことがもどかしい、
可能性が無数にあるセラピーSphique。

私たちは自分の人生に「責任」がある。
これは決して、何かを背負うという重たいものではなく、
全ての答えは私の中にあり、私が私を作っていくことができるという
絶対的な力であり、それこそが私たちの「自由」なのだということを
気付かせてくれた。

クライアントとしても、また受けたいと思う優しく楽しいセッションで、
同時にセラピストとしても、フラワーエッセンスと組み合わせて植物のもつ色の力と
クライアントさんをつなげてあげたいと、その活用法に想像力がかき立てられる。